1回の研修に最適な人数、時間は?

内容が最も大切となる研修

社員研修といえば、社会人として活躍している人の多くが受けた経験があるのではないでしょうか。挨拶の仕方やビジネスマナーなどを徹底的に学ぶことになります。最近では、社員研修を専門業者にアウトソーシングするという企業も多くなってきています。
人事部などで企画をして行うことには、限界があるということを物語っているのでしょう。研修といえば、1回あたりにつき何人くらいで行うのが最も効果的かなどという議論が巻き起こっています。その正解はないものの、概ね一人の講師が受け持つのは、数人程度というのが一般的かもしれません。あまりに多すぎてしまうことによって、その内容のクオリティーが低くなってしまうという懸念もあるのです。時間についても、一日につき、8時間程度が良いとされています。

ますます重要な取り組みとは

会社として指示された研修には、積極的に取り組む必要があります。むろん、その研修も業務時間内に行われることですので、しっかりと受けることが重要なのです。ただ単に参加さえしていれば良いというものではありません。
研修を提供する側にとっては、飽きることのないような内容にすることが求められます。そういう意味では、講師の果たす役割も大きなものがあります。堅苦しい話をすることは避け、聞き手の興味関心をひくような研修をする必要があるといえるでしょう。ネット時代の到来により、研修の進め方などに対する意見なども多く見かけるようになりました。一個人のブログやSNSが大きな影響力を持つようになってきました。研修についても、口コミや評判などに一喜一憂する傾向があります。